スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Entry: main  << >>
むらさきくもりにじのいろ
20070504_144511.jpg
GWの予定はちんぐるま落語会しかなく、ひたすら寝ている神吉です。

エリちゃんもすでに書いてくれていますが、先週の日曜日は季刊誌・珍車の取材で満腹亭楊枝さんにお会いしました。

「どうせやるなら珍車らしく」―
このキーワードのもとエロちゃんとコアちゃんが現場に持参したのは、スポンジ製のキノコにままごとのケーキ、〇〇〇のお菓子、〇〇〇の〇〇〇〇…等々、狂気と狂喜がないまぜのアイテムたち。

そんなガラクタにやわらかく突っ込みを入れつつ、珍車の要求に次々応えてくれた楊枝さんは「頼もしい」の域をこえ「まさか結構乗り気ですか」の境地にたっしていました。
(ほんとうにほんとうにすいません)

そのときのインタビュー音源を昨日エリちゃんに聞かせてもらったのですが、真面目と不真面目の“激突“とも言えるコントラストが非常に印象的な仕上がりでした。
この模様は季刊珍車1号へ掲載します。おたのしみに!

楊枝さん、おつきあいいただいてほんとうにありがとうございました!

写真は、暇に飽かせておこなった紙粘土工作の残骸です。
色ぬりが楽しみ!


●今読んでいます…『ちくろ幼稚園/西原理恵子』
comments(0)
スポンサーサイト
-
Comment








Trackback

ツイッター

●珍車(ちんぐるま)とは…常盤エリ、神吉奈桜による描き手ユニット。また、両名が発行する季刊誌名。

コンテンツ

過去ログ

リンク

Sponsored Links