スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Entry: main  << >>
わたしのなつやすみ
Image1365.jpg
コアちゃんです。

夏の終わり、職場で属しているチームの昼食会のあと、予定のない4人で夕日を見に行きました。

高台から海岸へ降りて、おおきな岩によじのぼると、すみからすみまで晴れわたり、ひかりを放つ空と海!
でっかい雲が竜の頭みたいになるのを、4人でながめました。

陽が落ちたあとはわたしの地元、製鉄所のある入江に向かい、ずっと燃え続ける火を見ました。
すこし先に入口があるのに、みんなフェンスを乗り越えて埠頭へ。
まだぬくいアスファルトに座りこんでおしゃべりしていたら、魚のエイを2度も発見。
興奮とおそろしさで鳥肌が立ちました。

〆は王将で、料理をたくさん頼んでたくさん食べました。
閉店間際までおしゃべりしていたら、お店のかたがお土産に大学いもをくれました。

正真正銘、どっから見てもなつやすみ。どこ切り取ってもなつやすみ。
全部がうれしく、なにもかもいとおしい奇跡のような1日でした。

洗った顔をTシャツで拭いていた草平さん、10センチのヒールで岩場を歩いてた天辺町の森ガール、どこへ行っても真剣なまなざしで写真撮ってた昭さん。
すてきなおもいでをありがとうございました!!
comments(0)
スポンサーサイト
-
Comment








ツイッター

●珍車(ちんぐるま)とは…常盤エリ、神吉奈桜による描き手ユニット。また、両名が発行する季刊誌名。

コンテンツ

過去ログ

リンク

Sponsored Links