スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Entry: main  << >>
スパンコール
先日、思いたって、小谷美紗子Torioの大阪ライブに当日券で行ってきました。

彼女のライブは初めてではないけれど、いままではなんだかはずかしくて、うしろの壁にもたれて聴いていたのでした。
今回はおもいきって、最前列ちかくへ。
緊張しました。

2m先で、ちいさい色白な彼女がわたしに背を向けてピアノを弾いていました。
お雛様がひな壇から降りて、洋服を着たみたいな。

わたしが昔からだいすきな歌を、なんでこのひと知ってるの歌ってるの?
ああそうかこのひとが小谷美紗子、小谷美紗子って実在するんだなあ…というへんてこりんなかんがえが、頭のなかでループ。
真横のスピーカーからの爆音に、肩と背中を叩かれながら、わたしは混乱して漠然として茫然とし、でもってひどく感動していました。

ありがとう小谷美紗子。
あなたの歌がほんとうにだいすきです。


〇今聴いています…『The Stone/小谷美紗子』
comments(0)
スポンサーサイト
-
Comment








ツイッター

●珍車(ちんぐるま)とは…常盤エリ、神吉奈桜による描き手ユニット。また、両名が発行する季刊誌名。

コンテンツ

過去ログ

リンク

Sponsored Links